未分類

しんちゃんの世界に行きたいなー

私はクレヨンしんちゃんが好きだ。いや、大好きだ。愛してる。カレンダーやら映画の前売り券やらの応募募集があると必ず電話をかけ、『もしもし亀よーよく噛めよー』というしんちゃんの自動音声聴いて喜んでるくらい大好きだ。

クレヨンしんちゃんの何処が好きかと聞かれると返答に悩むのだが、やはり一番好きなのはしんちゃんの「声」かな。矢島晶子氏が1年かけて作り上げたという唯一無二の野原しんのすけボイス。ものまねする人は多いが、なかなか御本人には近づけない。完全オリジナルなのだ。

何故かあの何とも表現しづらい幼児とオネエが混ざったような喋り方は、私の心を掴んで離さない。とても魅力的な声だ。

あと、やはりしんちゃんの強烈なキャラクターは大好きである。きれいな女性がいれば必ず後を追いかけ、『ねえねえ、おねいさ?ん、納豆にネギ入れるタイプ~?』などと話しかける。しんちゃんの好みは年上の女の人なのだ。

このように幼稚園児にして軽い男?と思われがちなしんちゃんだが、大好きなななこおねいさんだけは別格らしい。ななこおねいさんの前では緊張して常に良いところを見せようと張り切るし、ななこおねいさんの唇や胸が接近したりすると真っ赤になって固まってしまう。本当に可愛くて面白い奴だと思う。

私の夢は、いつかそんなしんちゃんのいる世界に行くこと。しんちゃんの住む、平和で愉快な春日部に行って楽しく暮らしたいなあ。