出来事

最近ハマっているクラウドワークス

最近私がハマっているクラウドワークスについて語りたいと思います。

私はつい2週間前まで、レジ打ちのパートタイムのお仕事をしていたのですが、子供がまだ小さいことからしょっちゅう熱を出し、毎月のようにお休みをする状況に申し訳なくなってきてしまったので、自宅でできる仕事を探していたところクラウドワークスという在宅での働き方を見つけました。

とりあえずのお小遣い稼ぎ程度にと思い、昼間のパートのお仕事を一時的にお休みすることにして、クラウドワークスのタスク案件でできるものからクリアしていくという方法で進めていくことにしました。

前職にてアフィリエイト文章の量産のお仕事もしていたことから、文章作成のタスクが要領良くできることに気づき、タスクを一件一件確実にクリアしていく爽快感がなんとも言えないやりがいになってきました。

プロジェクト方式も数件挑戦してみたのですが、文章のお直し等があり中々ハードルが高いことから、タスク案件のみに取り組むようになりました。

タスク案件は、報酬がとても安いものが多いのですが、私にはタスク案件を確実にこなしていく方が合っていると感じています。

時給に換算してしまうとパートで働いたほうが時給は高いですし、そのような口コミをインターネットで数々読んできましたが、外に働きに出るリスクとして自宅でのお化粧などの準備をする時間や通勤時間や体力的な消耗や精神的負担を考慮すると、在宅での仕事の方がトータル的に考えても負担がとても少ない事に気づきました。

何より眠いときには眠ることができますし、ガッツリ働きたい時はひたすらタスクをこなしていればいいのです。

夜中あまりにも夢中になりすぎてしまい、コーヒーを飲んで眠気を覚ましながらクラウドワークスの仕事をしていたら気づいたら朝になっていたということがありました。

現在は、一日のタスクは15件が限界と感じていますが、その倍の一日30件のタスク完了を目標に取り組んでいます。

ライティングの面白いところは、文章を通じて自分以外の人物になりきることができるというところです。

そして、必然的に色々なことに詳しくなりますので、これまで知らなかった知識が身につくこともあり、とてもおもしろいです。

そして、わずかながら困っている人のお役に立てていることを考えると、クラウドワークスのお仕事はとてもやりがいのある仕事だと思います。